IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

たべものガイド

IBD(炎症性腸疾患)患者さんの食べたいを叶える
おいしいレシピ

野菜の甘みとうま味を引き出すには蒸し焼きがポイント にんじんとえのきのごま酢

にんじんとえのきのごま酢
栄養士のおすすめポイント

作り方のポイントは「蒸し焼き」にすること。野菜の甘みとうま味を引き出し、余分な水分を飛ばすので味が薄まりにくくなります。ごまは食物繊維やミネラルを含んでいます。

栄養価(1人分)

エネルギー 54 kcal たんぱく質 1.7 g
脂質 1.7 g 炭水化物 6.6 g
食物繊維 2.3 g 食塩相当量 0.0 g
カリウム 197 mg カルシウム 44 mg
マグネシウム 18 mg リン 59 mg
0.7 mg 亜鉛 0.4 mg
ビタミンA 207 µg ビタミンE 0.2 mg
ビタミンB1 0.11 mg ビタミンB2 0.08 mg
ビタミンB6 0.09 mg ビタミンB12 0.0 µg
葉酸 34 µg ビタミンC 2 mg
ビタミンD 0.3 µg コレステロール 0 mg

材料(2人分) 使用量

にんじん
60 g
えのきだけ
60 g
大さじ2 (30 g)
白すりごま
小さじ2と1/2弱 (6 g)
大さじ2/3 (10 g)

手順

  • にんじんは細切りにします。えのきだけは根元を切り、さらに半分に切ってからほぐします。
  • 空のフライパンに1を入れ、酒を振って蓋をします。中火で3分ほど加熱し、野菜がしんなりしたら、水分を飛ばすように混ぜます。
  • 2にすりごまを入れて全体を混ぜ合わせたら火を止めます。酢を加えて、粗熱が取れたらできあがりです。
レシピトップ
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る