IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

たべものガイド

IBD(炎症性腸疾患)患者さんの食べたいを叶える
おいしいレシピ

箸休めにもピッタリ セロリとさくらえびの炒めもの

セロリとさくらえびの炒めもの
栄養士のおすすめポイント

箸休めにもピッタリなセロリの炒めもの。仕上げに酢を加えるのがポイント。素材の旨みを引き出し、味のバランスを上手にまとめてくれます。干しえびはカルシウムやマグネシウムなどの不足しがちなミネラルを含みます。

栄養価(1人分)

エネルギー 36 kcal たんぱく質 2.1 g
脂質 2.2 g 炭水化物 1.8 g
食物繊維 0.7 g 食塩相当量 0.1 g
カリウム 224 mg カルシウム 78 mg
マグネシウム 14 mg リン 54 mg
0.2 mg 亜鉛 0.2 mg
ビタミンA 2 µg ビタミンE 0.3 mg
ビタミンB1 0.02 mg ビタミンB2 0.02 mg
ビタミンB6 0.04 mg ビタミンB12 0.3 µg
葉酸 20 µg ビタミンC 3 mg
ビタミンD 0.0 µg コレステロール 21 mg

材料(2人分) 使用量

セロリ(ななめ薄切り)
1本(90 g)
さくらえび
6 g
しょうが(せんぎり)
少々(2 g)
ごま油
小さじ1 (4 g)
小さじ1 (5 g)
粗びき黒こしょう
少々

手順

  • フライパンにごま油、しょうが、さくらえびを入れて中火で炒めます。
  • 香りが立ったら、セロリを加えます。全体に油が回ったら酢を加えて、軽く炒めたらこしょうを振って出来上がりです。
レシピトップ
炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る