UCについて

潰瘍性大腸炎だと
どんな検査をするの?

【監修】横浜市立大学附属市民総合医療センター 炎症性腸疾患(IBD)センター 内科担当部長 国崎玲子 先生

血液検査や大腸内視鏡検査、便検査などを行い、診断や状態の確認に役立てます

潰瘍性大腸炎の診断や状態の確認には、まず医師による問診が行われます。ここで重要になるのが、患者さんから医師に伝えられる情報です。どのような症状を自覚しているのか、症状による苦しさはどうか、日常生活にどんな影響を与えているのかなど、自分自身の言葉で具体的に医師に伝えられるようにしましょう。問診に加えて、下記の検査が実施されます。

  • 血液検査
    炎症や貧血、栄養状態や、薬剤などによる副作用、その他全身状態などを調べます。
    血液検査
  • 内視鏡
    検査
    潰瘍性大腸炎の診断や治療方針の決定、病状の評価、大腸がん検診に、内視鏡検査(ないしきょうけんさ)は欠かせません。肛門から内視鏡を入れて大腸内を確認する、大腸内視鏡検査が行われます。
    内視鏡検査
  • 便検査
    便検査では主に、感染性腸炎(かんせんせいちょうえん)という他の疾患によって炎症が起こっていないことを確認します。
    便検査
  • X線検査
    腹部の単純X線検査を行うことで、腸管合併症の有無を確認します。その他、内視鏡検査の代わりにバリウムを用いたX線造影検査が行われることもあります。
    X線検査
  • X線CT ・
    MRI検査
    腸管の状態や腸管合併症の確認のために、X線CT※1・MRI※2の検査が行われることもあります。X線CTはX線撮影を応用したもので、MRIは磁気を用いて撮影を行います。

    ※1 CT:Computed Tomography、コンピューター断層撮影

    ※2 MRI:Magnetic Resonance Imaging、磁気共鳴画像(じききょうめいがぞう)

    X線CT・MRI検査

「潰瘍性大腸炎と診断される基準」

潰瘍性大腸炎では様々な検査が行われますが、その検査結果はどのように活用されるのでしょうか。ここではそのひとつとなる、潰瘍性大腸炎の診断基準についてみていきます。
日本では厚生労働省の研究班が「潰瘍性⼤腸炎・クローン病 診断基準・治療指針」を発行し、毎年改訂しています。最新の診断基準(2017年1月改訂)1)では、いくつかの条件を満たせば潰瘍性大腸炎と診断されることになっていますが、そのひとつは

●臨床症状(持続性または反復性の粘血・血便、あるいはその既往(きおう)があること)があり、

●内視鏡検査または注腸X線検査で一定の所見がみられ、

●大腸の組織を用いた生検検査で、腸炎に関わる一定の変化がみられること

となっています。また、感染性腸炎などの他の疾患の可能性も除かれる必要があります。このように、潰瘍性大腸炎の診断には各種検査が欠かせません。検査には心理的・身体的負担をともなうものもありますが、正しい診断、ひいては治療のために、必要な検査を受けましょう。

【出典】

1)厚⽣労働科学研究費補助⾦ 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」(鈴⽊班)
平成28年度分担研究報告書 別冊:潰瘍性⼤腸炎・クローン病 診断基準・治療指針 平成28年度 改訂版