IBDステーション〜炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の情報サイト

潰瘍性大腸炎・クローン病と ここちよく暮らすために

IBD(炎症性腸疾患)患者さんのためのたべものガイド

IBD(炎症性腸疾患)患者さんに外出する楽しみを
おでかけメニュー

調子がよいときに食べても大丈夫。
IBD(炎症性腸疾患)患者さんへオススメの安心・定番の外食メニュー

せっかくの外食。おいしいものを、食べたいものを食べたいですよね。自分の体調に注意しながら、調子が良いときは食べても大丈夫なおすすめメニューの例をご紹介します。

おすすめしたいメニュー❶ 海鮮ちらし

海鮮ちらし
このメニューのポイント

テイクアウトできるお弁当としておすすめです。生魚である刺身は、脂質がおさえられている食材です。また魚の脂は質が良いものなので、できれば摂って欲しい栄養素。ただし、生モノのため夏場は避けたほうが安心です。自分の体調にも合わせて、選ぶようにしてください。

栄養価(1人分)

エネルギー 538kcal 脂質 10.7g

おすすめしたいメニュー❷
蒸し野菜と野菜たっぷり みそ汁定食

蒸し野菜と野菜たっぷりみそ汁定食
このメニューのポイント

「蒸す」という調理法は脂を落としやすく、比較的脂質がおさえられているメニューです。体調が良いときには、食物繊維も摂取してもらいたく、加熱したにんじんや大根も柔らかくなっていれば消化も良くなります。腸が狭まっているときは野菜の繊維が詰まりやすいので、体調が良いときに選ぶようにして下さい。

栄養価(1人分)

エネルギー 580kcal 脂質 13.3g

他のおでかけメニューを見る

炎症性大腸炎(IBD)患者さん向けアプリ【IBD HOME】
弊社の医療用医薬品を
お使いの方へ
すぐどこトイレ
うつ、ここから晴れ
IBDネットワークお誘い患者会
▲TOPへ戻る