医療費助成ナビ

どんな人が指定難病の
医療費助成制度の対象になるの?

【監修】横浜市立大学附属市民総合医療センター 炎症性腸疾患(IBD)センター 内科担当部長 国崎玲子 先生

一定以上の重症度の患者さんが中心ですが、
軽症の患者さんにも特例があります

潰瘍性⼤腸炎は「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づく指定難病として、医療費助成制度の対象疾患です。基本的には中等症および重症の患者さんが医療費助成の対象となります。治療によって軽症となった患者さんには特例が設定されており、医療費助成が適⽤されます
ご自身が条件を満たしているかわからない場合は、まずは主治医に確認してみましょう。

※⽉ごとの医療費の総額(病院で支払う診療費・薬剤費を10割換算した金額)が33,330円を超える⽉が年間3回以上ある場合(例えば医療保険の3割負担の場合、医療費の⾃⼰負担が1万円以上の⽉が年間3回以上)となります

医療費助成の対象患者

①中等症および重症の患者

潰瘍性大腸炎 厚生労働省の定める臨床的重症度分類の中等症以上

②軽症者であっても高額な医療を継続することが必要な者

月ごとの医療費総額が33,330円を超える月が年間3回以上ある場合(例えば医療保険の3割負担の場合、医療費の自己負担が1万円以上の月が年間3回以上)とする

厚生労働省 健康局 難病対策課:難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)の概要、
厚生労働省 指定難病 潰瘍性大腸炎「概要、診断基準等」より作表

軽症、中等症、重症