ヘルプマークとは?

わたしも使える、
ヘルプマークって?

ヘルプマークは、外見から援助や配慮を必要としていることの分からない方が、援助を得られやすくするためのマークです

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、援助を得られやすくするために作られたマークです。ヘルプマークを活用することで、周囲の方々に配慮を必要としていることを知らせることができます。潰瘍性大腸炎患者さんも、ヘルプマークを活用することができます。

ヘルプマークの見本

周囲の方はヘルプマークをお持ちの方を見かけたときに、
電車やバスの席の配慮などをお願いします

ヘルプマークを身に付けている方に対して、周囲の方々には以下の行動をお願いしています。

  • 電車・バスの中で、席をお譲りください。
  • 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
  • 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
PR用チラシ表・裏

ヘルプマークは必要としている方からの申し出により、
都営地下鉄の各駅などで入手可能です。
取り組みは全国に広がっています

ヘルプマークの取り組みは東京都からスタートし、全国の自治体に広がっています。都内では都営地下鉄各駅、都営バス各営業所、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院などで、必要としている方からの申し出により入手することができます。また、この活動は東京都以外の全国の自治体に広がっています。現在取り組みを行っている自治体は、下記のウェブサイトでご確認いただけます。詳細についてはお住まいの都道府県にお尋ねください。

東京都でのヘルプマークの配布場所

東京都福祉保健局 ヘルプマーク「実施方法」をご確認ください

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

東京都以外でヘルプマークの活動を行っている自治体

東京都福祉保健局 ヘルプマーク「全国への普及」をご確認ください

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html